CiPH

辻 將成 CiPH

CiPH ~祭りは生きている~
辻 將成


DATE:
2022.9.17(土)- 10.10(月)
13:00 – 18:00   ※イベント日のみ延長


EVENTS:
9.18(日) 17:00~ オープニングパーティー
10.1(土) 17:00~ ライブペイント、トークセッション
10.10(月) 17:00~ クロージングパーティー

※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、内容を変更する場合がございます。


作家在廊:
9.17(土) 、9.25(日)、10.1(土)、10.2(日)



Instagram:@roar37mighty
HP:https://mightyroar37.myportfolio.com/


辻 將成 CiPH

約1年半ぶりの開催となる個展では、これまで取り組んできました自身の身体性をモチーフにした作品の新作と、昨年度から精力的に取り組んでおります。

舞台・パフォーミングアーツの作品活動について、アーカイブとビデオアートを発表させていただきます。

カルチャーとして存在するHIPHOP、私のアイデンテティでもあるブレイクダンスと、身体表現・アートの世界をクロスオーバーさせ、作品作りを展開していきます。


作家プロフィール

辻 將成

三重県 松阪市出身の辻 將成は、空間と身体をテーマに東海地区を中心に作品を制作している現代美術家であり、現役のBBOY(ブレイクダンサー)である。

自身が10代から関わってきたダンスカルチャーと身体表現が関係する祭事・儀式などの歴史的背景をリサーチし、移ろう時間の儚さ、瞬間的に消えていく身体の動き、残る痕跡に視点を置き、写真・ペインティング・立体作品・儀式的なパフォーマンスなどの作品を生み出している。

2021年よりストリートダンサーによる舞台DUALITYも手がけ、更に表現の幅を拡張させている。


過去の展示

TOYOTA DECASU Art project

toyota decasu
toyota decasu
toyota-decasu_1
toyota-decasu_2
toyota-decasu_3

BLACK NUANSE

black-nuanse_3
black-nuanse_1
black-nuanse_2

DUALITY ep.0 2021

duality_1
duality_2
duality_3